オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

上越市中央3丁目地内で屋根の錆びと雨樋の破損のご相談を受け現地調査


屋根の現状を調査

上越市中央は、一般的に旧市町村名で「直江津」と呼ぶ人が多い、海の近くの地域です。
沿岸部の地域では、今であればステンレスの屋根をおススメしますが、数十年前は一般的に「トタン屋根」と呼ばれる亜鉛メッキが施されたカラー鉄板を使うケースが殆どであったと伺ってます。

弊社の先代からも、ステンレスが一般的な屋根材として認知され、コストの面でも積極的に使えるようになったのは昭和50年代からという話を聞いた記憶があります。

そんな「トタン屋根」の錆びの状況を調査いたしました。
屋根錆び調査1
沿岸部であるため、予想以上に屋根の錆びが進行してました。
瓦棒葺き屋根の軒先が錆で欠損しています。

軒先は、屋根の面積の大小はあれど、降った雨が雨樋を伝わって排出する水下部分となるため、多くの水量の影響を受けます。
従って、雨が降り終って晴れた後でも、一番最後に水が切れて乾燥状態になる場所となるため、錆びの進行が早まってしまう箇所です。
屋根錆び調査2
最近のお宅は「霧除け」と呼ばれる、雨の室内への浸入を防ぐためにサッシ上に設ける小屋根を造るお宅は多くありませんが、昭和の時代は多くのお宅に「霧除け」を付けてあります。

「霧除け」屋根の部分も錆が出ています。
屋根錆び調査3
軒先は、塗装が剥がれてしまった影響も受け、錆びが進行しています。

一般的に呼ばれる「トタン屋根」のカラー(塗装)の部分が剥がれた状態です。

雨樋も調査

雨樋調査1
「雨樋も外れてしまっている」とのご相談で、写真の通り垂れ下がっている状態でした。

屋根を造るために「タルキ」と呼ばれる屋根の骨材の材料をどのお宅にも用いますが(サイズは幅45ミリ×高さ45~90ミリくらいの木材が一般的です)、鼻隠しと呼ばれる軒先の木材を取り付けずに、タルキを見える状態にした和風なイメージが多い年代に建てられたお住まいだったようです。

木材(タルキ)が露出しているため、雨樋を支えている金具の釘が、木材の腐食により外れていることが原因でした。
雨樋調査2
合わせて、本屋からの竪樋の水が屋根を伝わって下屋の軒樋に流れ出る仕掛けがしてあるのですが、軒樋に流すために90度に角度をつけたエルボという部材が外れてました。

これにより、本屋からの水が一気に屋根の端部に流れ出てしまうことになってました。
雨樋調査3
本屋の雨水が屋根上で流れ出てしまい、水が回ってしまうことが悪循環となり、屋根の軒先のタル木の腐食も進んでしまったようです。

水はご承知の通り低い方にしか流れていきませんので、この写真のように中央部が高くなってしまった軒樋では効果が果たせません。
外壁調査
外壁にもチョーキングなどの劣化が進んでいるため、手当てが必要であるというお話をさせていただきましたが、築年数の経過や、世帯の家族構成なども鑑み、改修のご提案はお客様のニーズもくみ取りながら、改修計画の提案をいたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

調査下屋

上越市寺町にお住いのお客様より、屋根の雨漏りのご相談を受け早速調査に行ってきたのが3月の月末。お客様も、屋根材の劣化による破損の状況も承知されていたため、手当てをしなければならない時期であるといった心づもりもあったようで、調査を踏まえた改修...........

足場かけ

上越市西本町3丁目にお住いのお客様より、風で雨樋が外れてしまったとの連絡を受け現地調査を行いました。修繕をするための御見積を提出したところ、原因は風であることから、火災保険を使って修繕ができることに方向づけられたので、早速工事をさせていただ...........

軒先を切断

先日のブログでも報告させていただいた通り、上越市高崎新田(市之町)で雨漏りでお困りのお客様よりお電話いただき、現地調査へ。現状を確認させていただいたところ、この地域は沿岸部であるため、屋根板金材は塩害により錆と腐食が相当進んでおり、塗装やコ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら上越店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0800-800-4373