オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

上越市港町地内で潮風で腐食した雨樋の金具の部分交換工事を行いました


上越市港町地内で、雨樋の受け金具が潮風の影響により腐食、破損してしまったお客様のご依頼を受け調査開始。

この地域は、海が近い沿岸部であるため、潮風の影響を大きく受けます。
お客様のご要望により「今は錆びてはいないけど、地域的にいずれ錆びて傷んでしまう箇所が次々と出てくるであろうから、とりあえず今回は壊れてしまって雨樋本体に破損が出る前に部分的に手当てをしたい」ということで、、計25カ所の雨樋受け金具の取り替えをすることに。

現状調査

雨樋調査1
傾向とすると、南と東面に錆びと腐食が多く見受けられ、逆に北と西面は比較的腐食が進んでいません。
この地域は北西の風が吹く場所であるため、その風に乗った雨が当たりやすい方角であることから、むしろ潮が雨に洗い流されていたのではないかと推測。
雨樋調査2
屋根が瓦屋根であるため、瓦用の面打ち金具が取り付けられてました。

正直申し上げて、この形状の受け金具は初めて見るものでした。

捕食した雨樋の受け金具を外します

雨樋金具外し1
既設の腐食した雨樋の受け金具を取り外します。

取付用の釘も錆びているため、釘を抜くのも一苦労。
破風板を傷めないように慎重に取り外します。
雨樋金具外し2
取り外した雨樋の受け金具。
腐食が進み、金具本体が錆で欠けてしまった様子がわかると思います。

現状のままにしておくと、金具が朽ちることにより軒樋が落ちてしまい、交換工事のコストが嵩んでしまう恐れがあるため、お客様の選択は良い判断だったと思います。

受け金具の交換完了

雨樋受け金具交換1
傷んでいる金具を優先的に交換をする工事の完了です。

新しい受け金具は、亜鉛メッキ製の金具に交換。
ステンレス製の受け金具という選択肢もありますが、部分的な補修という前提であるため、今回はコスト面の配慮から亜鉛メッキ製の金具を選択。
雨樋受け金具交換2
写真でもわかるとおり、既設の金具と入替えた金具が混在してます。

これも予定通りです。
雨樋受け金具交換3
軒樋の固定は、亜鉛メッキ製の受け金具ですが、ステンレスの番線(針金)を巻きつけて、風や雪で外れないように。

雨樋も交換しました

雨樋破損
調査で屋根に上がった際に、本屋の水を処理するために下屋の上に流してある雨樋の破損を見つけました。

金具の交換と合わせて、雨樋も部分交換することに。
雨樋交換2
雪止めアングルを浮かせて、傷んだ既設の雨樋を取り外します。

接着剤が付いてなかったので、取外しもスムーズに行えました。
雨樋交換3
新しい交換雨樋へと入替え。

一言で「雨樋」といっても、径の種類が年代により違いがあるため、ホームセンターで買ってきたものが全てのお宅に合うという訳にはいきません。
今回の雨樋径は55㎜でした。
雨樋交換4
雨樋の交換も完了!

新しい雨樋は光沢も違いますね。
逆に言ったら、紫外線による影響で、樹脂製の雨樋は劣化します。
取り外した雨樋も写真に写ってます。

お客様のご要望である受け金具の交換、プラスアルファの屋根の雨樋の交換も無事完了です。

同じ地域の施工事例

施工事例

上越市高崎新田で雨漏り改善のためカバー工法の施工をしました

屋根劣化調査
カバー工法完了
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
33万円
施工事例

上越市春日新田2丁目で外れた雨樋の修理を行いました

外れた雨樋
雨樋修理完了
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
5,000円
施工事例

上越市柿崎区で屋根の棟瓦積替えと瓦のズレ改修工事施工

瓦棟積替え・締め直し工事前
後
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
32年
建坪
瓦施工面積:22.8坪
保証
工事費用
107万円
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら上越店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0800-800-4373