オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

上越市大潟区で瓦屋根を板金屋根に葺き替えるための解体作業開始


上越市大潟区で、瓦屋根の雨漏りに悩んでいたI様。
弊社による調査の結果、瓦屋根の経年劣化によるズレと瓦の破損などもあり、瓦の積み替え(締め直し)という手段もありましたが、近年頻発する地震などの影響も考慮し、屋根の軽量化を図るため板金屋根に葺き替えすることに。

葺き替えという言葉、聞いたことありますか?
屋根の仕上げ材を瓦から板金に変更するとか、同じ素材でも新しい材料にやり替えることを「葺き替え」といいます。
屋根材は「張る」という表現ではなく「葺く」という表現になります。

瓦屋根は見た目の重厚感も魅力的ですが、新築後30年ほどでメンテナンスが必要になります。
棟瓦のモルタルの風化や、瓦を固定するための銅線の緩みによる瓦のズレなどが原因で、雨漏れを引き起こす危険性があります。
雨漏りにより、天井が水シミになってしまったり、はがれてしまったりした後ではさらに改修費用が掛かってしまいますし、雨漏れが原因によるカビの発生は健康面にもリスクが生じます。

工事着工前

現状瓦
現在施工する瓦屋根は、風や地震に対応するための「防災瓦」と呼ばれる釘打ち固定が一般的ですが、以前の施工方法では銅線に結び付けるようにして瓦を取り付けていたため、一定期間を経過すると手直しが必要になってしまう施工方法でした。

瓦の取り外しスタート!

瓦取り外し南
下屋を利用して足場をかけて屋根の昇降するため、まずは南面からの作業です。

南面の瓦から取り外します。

瓦取り外し北
続いて、搬出経路である南面の足元が良くなったところで、北面の瓦取り外し。

安全第一!落下しないように慎重に作業します。

棟瓦の取り外し

平瓦取外し後
棟瓦は最後の取り外しとなります。

取り外した瓦も、屋根上からダンプ者に投げ込まず、人海戦術で手下ししました。
ご近所さんに音のご迷惑をお掛けしないために。
棟瓦解体
棟瓦はモルタルで固定されているため、風化しているとはいえ硬くて強いモルタルですので、勢い余って屋根を傷めないように取り外します。

また、モルタルという重量物であるため、屋根からの荷卸しも気を付けながら・・・。

瓦取り外し完了

瓦取外し
棟瓦の取り外し完了です。

瓦下葺きは「木羽」と呼ばれる、杉板をスライスした防水材が施されてます。
I様宅は、この「木羽」も若干風化が進んでました。
屋根下地撤去
次の工程を見据えて瓦桟を取り外し、屋根下地材の飛散を防止するためきれいに掃除します。

きれいになりました!

屋根下地撤去清掃完了
きれいに掃除を済ませ、次の工程に向かいます。

取り外しの作業も、工事作業者の落下防止、近隣への配慮の飛散・騒音防止など、慎重に作業を進めました。

この先の作業については、明日のブログにて!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

上越市大潟区で雨漏りが原因の瓦屋根を板金屋根に葺き替え

現状瓦
屋根葺き替え完成後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
35年
建坪
45㎡
保証
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

上越市高崎新田で雨漏り改善のためカバー工法の施工をしました

屋根劣化調査
カバー工法完了
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
33万円
施工事例

上越市春日新田2丁目で外れた雨樋の修理を行いました

外れた雨樋
雨樋修理完了
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
5,000円
施工事例

上越市柿崎区で屋根の棟瓦積替えと瓦のズレ改修工事施工

瓦棟積替え・締め直し工事前
後
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
32年
建坪
瓦施工面積:22.8坪
保証
工事費用
107万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

淀打替え

上越市大潟区で、2階のお部屋の天井に雨染みを見つけ、雨漏りに悩んでいたI様。昨日のブログで既設の瓦の取り外し~撤去の様子をご紹介させていただきましたが、いよいよ板金屋根の工事が始まりました。昨日の解体工事の工程はコチラをご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら上越店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0800-800-4373